ホンダ・リード125がレンタルに加わりました

多くの皆様のご要望にお応えして、いよいよ125ccのバイクレンタルを始めました。
その名も「ホンダ・リード」。
ワインレッドっぽい素敵なカラーです。

なんと、メーターが140キロまであるじゃないですか! これ高速乗れないんですけど…。
それだけパワフルってことですよね。

もちろんタンデム(二人乗り乗車)も可能。
なので、メットインスペースにはヘルメット2個入っちゃいます。

ちなみに、いつもはヘルメット1個しは入ってません。


二人乗りされるときは、バイク置き場の傍に置いてあるプラボックスの中にヘルメットがもう1つ入っているので、
そちらを使ってください。

このシートの開け方ですが、ちょっとわかりにくので説明しますね。

まず、鍵をメインスイッチに差し込んで「SEAT FUEL」と書いてある所まで回します。
そして、右側にある縦長の黒いスイッチの下側(SEAT)を押すと、
シートがパコッと開きます。

ちなみに、黒いスイッチの上側(FUELと書いてあります)を押すと

足元の給油コックの蓋が開きます。
ちなみにガソリンは「レギュラーガソリン」を給油してください。

メインスイッチの反対側にはちょっとした収納スペースも付いています。
その中には電源(12V)のソケットも備わっていますので、コードをお持ちいただければスマホなどの充電ができます。ご自由にお使いください。

もちろんスマホホルダーも装備しています。
裏側のロックを解除して、手で引っ張って広げるタイプです。
固定するときは裏側のロックを掛けるのをお忘れなく!

ジョルノ50ccにはない「サイドスタンド」が装備されています。ちょっと停めるときには便利ですね。

傾斜のある場所での駐車や、返却時はメインスタンドをご使用ください。

ハンドル右側にはアイドリングストップの切り替えスイッチがあります。
通常は「アイドリング」つまりストップしない状態にしています。
お好みで切り替えてください。

ハンドル左側にはヘッドライトHi-Lo切り替えスイッチ、ホーンボタン、ウィンカースイッチがあります。
ウィンカーはプッシュキャンセル方式です。

フロントブレーキはディスクタイプなので、かなり良く効きますよ!
ちなみに、後ろブレーキ(左のレバー)を掛けると自動的に前ブレーキも掛かる「コンビブレーキ」が装備されています。左のレバーだけの操作で止まれるので、めちゃくちゃ便利な機能ですね。

というわけで、リード125、ホント良くできたバイクです。
さすが125はパワフルでタンデムだってらくらく、乗り心地も最高ですよ。

1時間880円、お得なパック料金(4時間3,300円など)もあります。
ご予約はモトライドレンタルのページからどうぞ。